あかびら動物病院、犬・猫・ウサギ・ハムスターの町医者

北海道の短い夏、天気の良い日はワンちゃんと一緒にお出かけする機会も多くなるとおもいます。
毎年テレビのニュースなどで「熱中症」による事故を耳にしますが、ワンちゃんたちも人と同じく「熱中症」に注意しなければなりません。以前にも当サイトで熱中症についてご案内しましたが、もう一度取り上げてみたいと思います。

私達人間にとっても怖い熱中症とは・・・

暑さによって体の機能に障害がおこる状態の総称です。症状として主なものは、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。
熱中症が原因で死亡する事もあります、重症例では脳機能障害や腎臓障害の後遺症を残す場合があります

ワンちゃんにとっては・・・
体中を毛に覆われているワンちゃんにとって夏の体温調節は大変なことです。
はげしいあえぎ呼吸と、大量のよだれは熱中症の初期のサインかもしれません。
さらに症状が悪化すると嘔吐や下痢、血圧低下、痙攣、、呼吸不全、ショック症状をおこし死にいたる場合があります。
475897

どんな時に熱中症になるのか・・・

暑さによって体の機能に障害がおこるわけですから、炎天下での激しい運動、長時間の直射日光下、特に多いのが車の中での事故です。買い物の間に車の中でちょっとのお留守番のつもりでも、車内では熱がこもり熱中症になるケースが多くみられます。
20160713

熱中症になってしまったら

まずは体を冷やしてあげましょう。水を飲ませてあげる、氷などで頭や脇など冷やす、
そして必ず動物病院で診察をうけてください。

熱中症を予防するには

室内ではエアコン、扇風機、風通しなど部屋の温度を管理すること。
散歩の時は、早朝や夕方など涼しい時間を選んだり、マメな水分補給やひんやりグッズを使う。
人と同じく暑さへの対策をおこたらないことが重要です。