あかびら動物病院、犬・猫・ウサギ・ハムスターの町医者

エキノコックス症について

エキノコックス症について

【エキノコックス】 エキノコックスは寄生虫の一種です。自然界ではキツネと野ネズミに寄生しています。 ■成虫 体長4mmほどの細長い白い幼虫。キツネの小腸に寄生して卵を作り、キツネのフンとともに卵を外に出します。 ■卵 直径0.3mm、肉眼では見えません。卵がついた草などを野ネズミが食べると肝臓で幼虫になります。 ■幼虫 幼虫が寄生している野ネズミをキツネがたべるとキツネの腸の中で成虫になります。 【エキノコックスが寄生する動物】 成虫、幼虫、それぞれが寄生する動物は決まっています。...
健康診断のご紹介です。

健康診断のご紹介です。

ペットも人間同様に、年齢を重ねるほど健康への不安は増えますし、若い時ほど病気の進行も早いと言われています。 早期発見のためにも当院では、最低でも年に1度、5才以上になりますと半年に1度の健康診断をおすすめします。 【血液健康診断】 当院の健康診断では少しの血液採取で栄養状態、肝臓、胆のう、腎臓、などの内臓の健康状態までチェックできる高度な血液検査を取り入れて行っております。 さらに、年齢を重ねたワンちゃんには、より広く甲状腺等の状態も検査も用意しております。...

年末年始に多いペットの事故とは?

年末年始に気を付けたいペットの事故の一つ、それは「誤飲誤食」です! 年末年始はパーティや帰省で来客が増え、人の食べ物などを食べてしまう機会が増えることが原因として多いようです。 【食べ物】 犬・猫ともに、タマネギやネギ類を与えてはいけません、赤血球が破壊されて貧血をおこしてしまいます。 また、チョコレートも与えてはいけません、チキテオブロミンという酵素を分解できず中毒になってしまい小型犬が板チョコ1枚を食べると死に至る危険さえあります。チキンの骨なども、誤って食べてしまうととても危険です。 【食べ物以外で危険なもの】...
ワンちゃんの目やにが気になったら

ワンちゃんの目やにが気になったら

ワンちゃんの目やにケアについて 目やにや充血などの目の異常は飼い主さんが気づきやすいことの1つです。実際に普段から目やにを取り除いてあげていることも多いと思いますが、どんなことに気を付ければよいのかポイントを少しご紹介いたします。 ◆目やに・充血 加齢とともに潤いが不足して目が乾燥しがちになる、体調不良によるケースもあります。 片方の目だけの場合、ぶつかったりゴミなどが入ったりなど、外的要因が多いですが、両目の場合で、一日に何回も拭いてあげなければならいほどなら病気のケースが疑われます。 ◆目をこする、しょぼつかせる...
散歩の秋、草むらから咬みつくチャンスを狙う「マダニ」にご用心!

散歩の秋、草むらから咬みつくチャンスを狙う「マダニ」にご用心!

マダニは体調2~30mmで8本の脚をもつクモやサソリに近い生物です。日本には約20種類が確認されています。草むらなどにひそみ、犬猫の体に寄生します。 血液を唯一の栄養源としているため吸血します。 寄生と吸血で、深刻な病気をもたらすマダニ 吸血と脱皮を繰り返して成長します。※3宿性マダニの場合。 バベシア症について バベシアは赤血球の中に寄生し破壊する原虫です。発熱や貧血、黄疸を引き起こし死に至るケースもある恐ろしい感染症です。 ライム病...